2007年07月15日

第31回講談社漫画賞発表

イブニング(2006/6/26号 No.13 発売日20070612)に
掲載されてましたので前回のように転記。
 
------
第31回講談社漫画賞候補作一覧(受賞作除く)

児童部門
ケシカスくん/村瀬範行(第30回時も候補)
地獄少女/永遠幸 地獄少女プロジェクト
デルトラクエスト/エミリー・ロッダ にわのまこと
ラブ・ベリッシュ!/春日なな

少年部門
怪物王女/光永康則
ゴッドハンド輝/山本航輝
史上最強の弟子ケンイチ/松江名俊

少女部門
IS/六花チヨ
君に届け/椎名軽穂
純愛特攻隊長!/清野静流
BOYSエステ/真崎聡子

一般部門
紅匂ふ/大和和紀
新宿スワン/和久井健
デトロイト・メタル・シティ/若杉公徳
働きマン/安野モヨコ(第30回時も候補)

受賞作以外に推した作品(注:必ずしもその選考委員が
その部門で一番支持した作品、というわけではないです)
軽部潤子  :君に届け
しげの秀一 :デルトラクエスト、史上最強の弟子ケンイチ
       BOYSエステ、新宿スワン
寺沢大介  :君に届け
深見じゅん :君に届け、紅匂ふ
福本伸行  :デルトラクエスト、ケシカスくん
       ゴッドハンド輝、新宿スワン
藤本由香里 :君に届け
森川ジョージ:候補作全てが楽しく読めました

選考の状況など
軽部潤子  :「本を全巻読み終えたとき、(これは難しい選考会になるのでは……)と思いました。案の定、選考会が始まり、なかなか決定せず、後で考えましょうという部門もありました。」
藤本由香里 :
「一般部門はほぼ満場一致で「おお振り」に決まった。」
「昨年に続き激戦だったのは少年部門と少女部門。」
森川ジョージ:
「一般部門は前年度から評価が高く、ほぼ満場一致で、児童部門は丁寧で読みやすいという理由で受賞作が決まりましたが、少年・少女部門はもう大変でした。審査員は奇数なのに何度多数決をとっても決まらず、(以下略)」
------

児童部門と少女部門については全くわからないのですが、
少年部門の激戦……………………飛び抜けた作品が存在しない
すんなり決まった一般部門………最近、他に飛び抜けた作品が存在しない

なんか、そんな印象があります。
「飛び抜けた作品」の基準は雑誌の読者以外にも作品名と
大まかな内容がなんとなくわかる、程度で考えています。
つまり、世間一般を基準にして考えた場合、
全体的には停滞しているのではないか、と。
で、その状況を打開するのは個人の資質によることろが
大きいため、「当たり」が続いたときは大きいが
「外れ」が続いたときは……どうしようもないんだろうなあ。

過去の受賞作なんか見てみると、また違った一面が
見えてくるかもしれませんよ、ってことでリンクしときます。

(参考)
講談社漫画賞
講談社漫画賞(Wikipedia)
【関連する記事】
posted by コーライト at 08:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社漫画賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

ヒドイ歌詞トップ10

いかん。いかん。どうも何事にもやる気が出ない。
講談社漫画賞の話でもしようと思ったのですが……なんだろ。

こういうときは、少し前の2ちゃんのスレでも貼って
お茶でも濁そう。そうしよう。

ヒドイ歌詞トップ10

ヒドイ歌詞トップ10★2


なんかもう、一体どうなってんだってぐらい肩こりひどいし……
そろそろ低周波マッサージ機のパッドを買い換えるか、とか
思っています。
posted by コーライト at 22:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

綾瀬駅からジョジョの一コマっぽい貸金業者の広告が見えた……夏

DICK-JOJO?

守りたい!
強く思うほど、
パワーが増すのだ!!


自分の持っているデジカメでは、これが限界でした。
握りこぶしのように見えるかもしれませんが、
男の人(多分)の背中です。では。

(追記 7月2日23:50ぐらい)
今なら、そんなディックの公式サイトでも
上の画像の広告が見られるようです。
ラベル:ジョジョ
posted by コーライト at 20:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

日高義樹ワシントン・リポート 2007年06月24日(縮小版)

今日は……申し訳ないのですが、所用で出かけていたため
本日放送分のファイルをほとんど保存できませんでした。
家に着いたときには、もうマタリsageスレしか残ってなくて……

今回の特集は
「拉致問題は日本が自力で解決する他ない
〜ヘーゲル米上院外交委員長代行に聞く 」

でした。

スレ数は合計約3ぐらい?
まあ、こんなもんかという気もしないでもないです。

申し訳ないですが、ちょっと今日はここまで。

(参考)
★日高義樹のワシントンレポート★第6部 国際情勢@2ch掲示板
テレビ番組−日高義樹のワシントンリポート
(地球のイロハ)
不定期連載:日高義樹のワシントン・リポート寸評
(〜「Nishitatsu1234の部屋」〜 「世界と日本」のコーナー)

(以下、6月25日追記)

次回放送は7月22日午後4時より、テーマは

「北」のミサイルは全て撃ち落とす
〜クラウダー米第7艦隊司令官〜

です。軍事ネタ……なのか?
ラベル:日高
posted by コーライト at 00:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日高義樹ワシントン・リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

先日買った雑誌 ラジオ番組表07年春号 その2

前回の「先日買った雑誌 ラジオ番組表07年春号 その1」の続きです。

今期も、去年の「ラジオ番組表06年春号」を引っ張り出して、
AMラジオにおけるナイトゲーム中継の放送時間の比較をしてみました。
 
文中「中継前番組」は、番組内容がその直後のナイトゲーム中継と
密接であると推測される番組、また「中継後番組」はナイトゲーム
中継後の、延長分を吸収すると推測され、かつ、番組内容が野球と
密接であると推測される番組を指します。

(「平日」は火曜日から金曜日を意味します。)

STVラジオ:(240分/週 増)
平日の中継前番組が新設(60分×4 増)

青森放送:(備考)
(土曜日の最大延長時間が30分減)

秋田放送:(15分/週 減)
土曜日のナイトゲーム中継開始時刻が18:00から18:15に(15分 減)

IBC岩手放送:(5分/週 増)
土曜日・日曜日の中継前番組が消滅(5分×2 減)
日曜日のナイトゲーム中継開始時刻が18:30から18:15に(15分 増)

山形放送:(15分/週 増)
土曜日のナイトゲーム中継開始時刻が18:25から18:10に(15分 増)

東北放送:(210分/週 増)
(土曜日の中継前番組(5分)が新設?)
(土曜日の最大延長時間が20分減)
日曜日のナイトゲーム中継が新設(180分 増)
日曜日の中継後番組が新設(30分 増)
※日曜日の番組表は通常番組と併記

ラジオ福島:(30分/週 増)
平日・土曜日・日曜日の中継後番組終了時刻が21:55から22:00に(5分×6 増)

茨城放送:(120分/週 増)
平日・土曜日・日曜日の中継後番組終了時刻が21:30から21:50に(20分×6 増)

TBSラジオ:(30分/週 増)
日曜日のナイトゲーム中継終了時刻が21:30から22:00に(30分 増)

ニッポン放送:(40分/週 減)
平日の中継後番組終了時刻が22:00から21:50に(10分×4 減)

新潟放送:(55分/週 減)
平日のナイトゲーム中継開始時刻が18:15から18:25に(10分×4 減)
土曜日のの中継前番組が新設(15分 増)
土曜日のナイトゲーム中継開始時刻が18:15から18:30に(15分 減)
日曜日の中継開始時刻が18:00から18:15に(15分 減)

信越放送:(40分/週 減)
日曜日の中継開始時刻が18:20から19:00に(40分 減)

YBSラジオ:(29分/週 減)
平日の中継前番組が消滅(3分×4 減)

北日本放送:(40分/週 減)
平日のナイトゲーム中継開始時刻が18:20から18:30に(10分×4 減)

北陸放送:(25分/週 増)
平日のナイトゲーム中継終了時刻が21:00から22:00に(60分×4 増)
平日の中継後番組が消滅(60分×4 減)
月曜日の中継前番組が新設(25分 増)
(注:月曜日はナイトゲーム中継はなし。中継前番組のみ存在。)

東海ラジオ:(10分/週 減)
月曜日の中継前番組が消滅(10分 減)
(注:月曜日はナイトゲーム中継はなし。中継前番組のみ存在。)

KBS京都:(60分/週 減)
平日・土曜日・日曜日のナイトゲーム中継開始時刻が18:20から18:30に(10分×6 減)

ABCラジオ:(370分/週 減)
土曜日・日曜日のナイトゲーム中継が消滅(185分×2 減)

ラジオ大阪:(180分/週 減)
土曜日のナイトゲーム中継が消滅(180分 減)

ラジオ関西:(185分/週 減)
土曜日のナイトゲーム中継が消滅(185分 減)

中国放送:(50分/週 減)
平日・土曜日・日曜日の中継前番組が消滅(5分×6 減)
平日の中継後番組終了時刻が21:40から21:50に(10分×4 増)
土曜日・日曜日の中継後番組が消滅(30分×2 減)

山口放送:(7分/週 減)
平日の中継前番組が消滅(8分×4 減)
平日・土曜日の中継後番組終了時刻が21:55から22:00に(5分×5 増)

四国放送:(120分/週 減)
平日・土曜日の中継後番組が消滅(60分×2 減)

南海放送:(15分/週 減)
土曜日のナイトゲーム中継開始時刻が18:00から18:15に(15分 減)

高知放送:(25分/週 増)
平日・土曜日の中継後番組終了時刻が21:55から22:00に(5分×5 増)

RKBラジオ:(6分/週 増)
平日・土曜日のナイトゲーム中継開始時刻が17:59から17:58に(1分×5 増)
日曜日のデイゲーム中継開始時刻が12:59から12:58に(1分 増)

KBCラジオ:(19分/週 減)
平日の中継後番組終了時刻が22:00から21:55に(5分×4 減)
土曜日の中継前番組開始時刻が17:51から17:50に(1分 増)

熊本放送:(30分/週 増)
日曜日のナイトゲーム中継開始時刻が18:30から18:00に(30分 増)

宮崎放送:(8分/週 減)
平日の中継前番組が消滅(2分×4 減)

集計した結果、全体で507分(8時間29分)/週、減少していました。
ちなみに昨年度、つまり2005年度に対する2006年度の減り幅は
1882分(31時間22分)です。

大きなトピックとしては、東北放送の日曜日のナイトゲーム中継の復活、
そしてなんと言っても、ABCラジオの土曜日・日曜日のナイトゲーム中継の消滅、
ラジオ大阪・ラジオ関西の土曜日のナイトゲーム中継の消滅でしょう。
一体なんで……としか、言いようがありません。
全国的な傾向としては「東高西低」でしょうか。

ちなみに、この4局を集計から除くと、18分/週の増加となります。参考までに。
間違っていると思われる部分等がありましたら、御指摘願います。ではでは。

(関連)
プロ野球の視聴率について語るblog
プロ野球斜め読みな視点
posted by コーライト at 20:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ番組表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

先日買った雑誌 ラジオ番組表07年春号 その1

すべてのラジオ局の番組表が掲載されている
年二回発行の雑誌というかムックというか、の
「ラジオ番組表 2007年春号」の内容紹介です。
(以前の号の記事は、カテゴリ「ラジオ番組表」からどうぞ!)
発行は三才ブックス。

全体的な感想としては、

・「アイ・キューピッド」(自らは否定しているが出会い系サイトっぽい)
 の広告は前号(2006年秋号)と同じ。イメージキャラクターさとう珠緒。
・スペシャルインタビュー(CBCの広告枠・1P)はAKB48。
 
・特集は「本音が詰まった珠玉の番組たち
     全国"ラジカルラジオ"列伝」
 宮川賢(X-Radio バツラジ)インタビュー
 ミッキー安川(ミッキー安川のずばり勝負・朝まで勝負)インタビュー
 他、全国(西日本多し?)の番組紹介あり。

・東京AM4局の各局の傾向は以下の通りです。

TBS   :文化人 & 喋れる芸人、土曜夜は音楽重視?
文化放送  :アニラジ、平日はジャニ系
ニッポン放送:知名度のある芸能人、土曜夜はジャニ系
ラジオ日本 :雑然……(中高年向け & アニラジ)

・以下、個人的に気になるパーソナリティ(と放送局)を列記してみました。
 意外な人がパーソナリティを勤めてたりするので要注意だと思います。

赤坂泰彦(ラジオ日本 TOKYOFM)
明石屋さんま(毎日放送)
石井竜也(TOKYO FM)
伊藤政則(BayFM DateFM fm802)
稲垣潤一(静岡放送 西日本放送)
ウルフルズ(レディオ・ベリー 他JFN系)
EPO(FM山形 他JFN系)
大江千里(TOKYO FM)
大竹まこと(文化放送)
太田裕美(文化放送 NHK FM)
大貫妙子(J-WAVE)
大橋照子(ラジオNIKKEI)
押井守(文化放送 他AM31局)
甲斐よしひろ(文化放送)
柏原芳恵(茨城放送 KBS京都 和歌山放送 西日本放送 南日本放送 ラジオ沖縄)
勝谷誠彦(TBS 他AM局 毎日放送)
神谷明(文化放送)
KAN(STVラジオ)
木村カエラ(J-WAVE)
杏子(NHK FM FMノースウェイブ FM福岡)
桑田佳祐(TOKYO FM)
國府田マリ子(ラジオ日本 FM愛媛)
ゴンチチ(NHK FM)
財津和夫(文化放送 他AM局)
坂崎幸之助(NACK5 FM群馬)
沢田聖子(AIR-G' kiss-FM KOBE 他AM局)
沢田知可子(YBSラジオ 他AM局)
サンプラザ中野(AIR-G' 他JFN系)
椎名へきる(新潟放送 TOKYO FM FM FUJI)
渋谷陽一(ニッポン放送 NHK-FM)
清水ミチコ(ニッポン放送 J-WAVE)
志村けん(レディオ・ベリー)
ジュディ・オング(TOKYO FM)
笑福亭鶴瓶(MBSラジオ ニッポン放送)
笑福亭鶴光(ABCラジオ CBCラジオ)
関根勤(TBS 他AM局)
荘口彰久(TOKYO FM)
太平サブロー(MBSラジオ)
高田純次(文化放送 他AM局)
高田文夫(ニッポン放送)
高見沢俊彦(TBS 他AM局)
田中康夫(TBS 他AM局)
ちわきまゆみ(FM802)
月亭八方(ABCラジオ)
テリー伊藤(ニッポン放送)
トミーズ(ABCラジオ)
西村雅彦(FM秋田 他JFN系)
根本要(FMヨコハマ 岐阜FM)
野沢雅子(HBCラジオ)
浜崎貴司(レディオベリー)
松村邦洋(ニッポン放送)
三谷幸喜(J-WAVE)
三宅裕司(ニッポン放送 他AM局)
宮崎哲弥(TBS 他AM局)
桃井はるこ(文化放送)
山下達郎(TOKYO FM 他JFN系)
山田五郎(TBS J-WAVE)
山本晋也(TBS)
ルー大柴(FM長野 他JFN系)
渡辺貞夫(FM NIIGATA 他JFN系)
和田誠(fm osaka FMヨコハマ)

posted by コーライト at 09:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(10) | ラジオ番組表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

レピッシュ復活!!!

20周年を期にレピッシュが復活とのこと。
うぉっしゃあああっー!

【音楽】「パヤパヤ」から20年…LA-PPISCH(レピッシュ)、待望の復活 約4年ぶりに活動を再開[06/01]

思い入れの深いバンドだけに、これからも
頑張ってほしいものです。ええ、本当に。
特に上田現の復帰は大きいかな、と。

レピッシュ公式サイトのURLが変わっていたので
本家サイトのリンクを更新しました。

ちょっと最近は忙しくなってきて、気分が乗らないので
短いですが今回はここまで……

あ、ラジオ番組表の新刊(2007春号)は手に入れましたので、
近いうち(一ヶ月以内?)に何か書こうと思います。ではでは。
posted by コーライト at 23:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

PC-FX バウンダリーゲート クリア雑感

一週間ほど前にクリアしたので、ちょっと感想など。
ここんとこ、ゲームの話が多いのですが、
そろそろ別の話題に移りますので。

クリア時間は17時間。10時間?でクリア可能という噂を
きいていたので、ちょっと時間をかけ過ぎた気も
しないでもないです。

そのうち、アモーク要塞の3階に行くのに一時間。
うーん、やっぱりゲームに慣れてくると、
メイン画面より左下のマップ画面のほうに
目がいってしまうので……悔しいです。
(このゲームは3DダンジョンタイプのRPGです)

参考までに3階への行き方を書いておくと、
2階の通路(つまり、部屋の中ではない)の壁に
×××があるので……

一旦外に出るだの、特殊なアイテムが必要だの、
という話ではないです。

クリア時はレベル32。あと、ラスボスと対決する
直前に遭遇する(であろう)「ジヌ」というキャラに、
どんな内容であれ勝てたら、ラスボスに負けることは
ないと思います。ラスボスのあり方として、
これはこれでありだと思うんですけどね。
スッキリしたし。

自分があまりゲームを、特に最近のを
やってないからかもしれませんが、
魔法の演出はやっぱりすごいものがあります。
もっとも、普通にやる分にはサクサクすすめたいので
戦闘アニメはOFFにしているのですが。
ちなみにこのRPG、究極魔法が

   ゲ ノ イ ラ
   木亥 火暴

ということでいいのでしょうか。

まあ、手軽に楽しめる作品としては、
オススメできます。

それにしてもこのゲーム……
モンスターの名前がとっつきにくい……

posted by コーライト at 21:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

日高義樹ワシントン・リポート 2007年05月20日

日高義樹ワシントン・リポートの本日放送分のファイルをアップロードしました。

今回の特集は
「北朝鮮を狙う〜ステルスF22が沖縄へ」
でした。

次回放送日は2007年6月24日午後4時

テーマは、

・アメリカにとって北朝鮮はもう終わったのか
 〜ヘーゲル上院外交委員長代行〜

です。何かと意味深なタイトルですね。
それではまた来月、お楽しみに。

(参考)
★日高義樹のワシントンレポート★第6部 国際情勢@2ch掲示板
テレビ番組−日高義樹のワシントンリポート
(地球のイロハ)
不定期連載:日高義樹のワシントン・リポート寸評
(〜「Nishitatsu1234の部屋」〜 「世界と日本」のコーナー)
ラベル:日高
posted by コーライト at 21:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日高義樹ワシントン・リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

スピーカー

時間と気力との問題で、短めのやつを。
今日というか、たった今起こった、奇怪な現象。

1. PCで音楽を聴く。
2. 向かって右側のスピーカーから音が出ていないのに気付く。
3. 右側のスピーカーからはコードが一本出ていて、
  左側のスピーカーからのOUTジャックから音を受けている。
  左側のスピーカーで電源とPCのOUTジャックから音を受けている。
4. 右側のスピーカーのコードを何度か抜き差しするも、
  相変わらず音は聴こえない。
5. PCのOUTジャックから左側のスピーカーのコードを外し、
  右側のスピーカーのコードを直接繋ぐ。音が出る。
6. PCのOUTジャックに左側のスピーカーのコードを繋ぎ直し、
  右側のスピーカーのコードを左側のスピーカーのOUTジャックに
  繋ぎ直す。音が出る。
7. 4. で右側のスピーカーのコードの断線を疑ったのは
  一体何だったんだ。

得られた教訓 :
調子の悪いスピーカーは、とにかく音が出るようになると
とりあえず直る。
ラベル:スピーカー
posted by コーライト at 21:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今までおすすめした本

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。