2005年10月19日

昨日のクローズアップ現代

譲れぬ一局〜プロ棋士編入6番勝負〜
【将棋】クローズアップ現代の視聴率=世間の認知度

(確か)20年前に1,500万人だった競技人口が、今では800万人ですか。
確かに問題だと思うが、打開策があるか、と訊かれたら思いつかないなあ。

今将棋を指している人のほとんどが、まず家庭で将棋を覚えたのだと思う。
ポイントは「目上の人から教わる」ということで、
勝負事であるが故に目上の人から教わって対局して負けても
「負けても仕方がないなあ」と思える。
これが友人(対等な立場の人)から教わって対局して負けたのなら、
自分の苦手なことが一つ増えただけなので下手すると
もう二度と将棋を指そうとは思わないのではないだろうか。
 
続き…
posted by コーライト at 00:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クローズアップ現代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

今日のクローズアップ現代 日韓交渉の舞台裏

ゲストは小此木政夫教授(慶應義塾大学)。

日韓条約時の交渉の資料が韓国で公開。
このとき韓国人の戦争被害の個人補償は
韓国側で行うことが明記されていた、とのこと。

韓国政府は日本からもらった金を
個人補償より経済復興に当てたので現在
被害にあった人から突き上げを喰らっている、とのこと。

よって、日本政府に補償を求めるよりは
韓国政府に補償を求めるのが筋ということになったので
近くにその手の訴えを起こそうとしている人
or起こしている人がいたら教えてあげるのがいいかと。

また、日本から韓国に渡した金の名目は
韓国側は「請求権(「日本からの償い」を意味)
日本川は「経済協力」
をそれぞれ主張。
当事者もそれぞれそのような認識だったらしい。
結局、両者が並列するかたちに。

いっそのこと「請求権」に同意する手もあったのでは、と思う。
「これでお終い」ということにすれば後で突付かれることも
なかったかもしれないが…甘い?
 続きは本日のナイスレス。
posted by コーライト at 00:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | クローズアップ現代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

今日のクローズアップ現代 過労死

洒落にならない状況に追い込まれたことがあるせいか、
ついつい見入ってしまう。

取材された方の「機械的に対応するようになる」という
言葉が重みをもって響いてくる。
自分も忙しかったときに思ったことは、
世間一般でいうところの日常会話が無いことだった。

会話といえば、、指示、報告等の仕事の会話と
コンビニでの店員との売買のときの会話だけ。
日常会話に含まれると思われる「情緒的な感情」
なんかが会話の中に入ることはなかった。
続きを読む
posted by コーライト at 00:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | クローズアップ現代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

今日のクローズアップ現代 2007年問題:団塊の世代

まず、ビデオ見ながら気になった部分をメモ。

NALCシニア研究所調べによると、
61〜65尊が 働いている:57% 働いていない:43%
これに対し、団塊の世代 (1947〜1949 生まれ = 60尊で退職)では
55〜57尊が 働きたい:75% 働きたくない:25%

団塊の世代が再就職時の条件として優先するのは、
年収よりも自分の能力・経験を生かせるかどうか。
団塊の世代は社会と関わりたい欲求があり、それが増えると思われる。

団塊の世代は、(その人口比の多さで)日本社会に様々な影響をもたらしてきた。
つまり、団塊の世代は需要者であり供給者であった。
団塊の世代が定年を迎えることで支出と(自分の好きなことができる)時間
が増え、新しい文化が生まれるかもしれない。
(番組内では「自分の好きなこと」は、趣味ではなく仕事や地域社会への貢献の意味合いが強かった)

定年 = 引退というのは戦後の高度成長の中でできた一時的なこと。
本当は、人間の寿命が延びているように、働く長さも
元気さ(現役さ?よく聞き取れなかった)も伸びている。以下私見。
posted by コーライト at 01:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | クローズアップ現代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

今日のクローズアップ現代 偽装認知

「事実は小説より奇なり」というが、
NHKのクローズアップ現代が面白すぎる。歳のせいだと思うが。
以下、ビデオを見ながら偽装認知の手段なんかをメモしとく。
こんなこともある、と知っていても損はないだろう。

偽装認知とは、平たく言えば

不法入国している外国人が
自分の子をダシにして
日本国籍をゲットすること。

ちなみにここでいう「認知」とは、
「結婚していない父母の子を、父親が
 自分の子供であることを認める法的手続き」のこと。
手段その他番組内容は以下の通り。結構コワいぞ。
posted by コーライト at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | クローズアップ現代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今までおすすめした本

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。