2007年05月13日

スピーカー

時間と気力との問題で、短めのやつを。
今日というか、たった今起こった、奇怪な現象。

1. PCで音楽を聴く。
2. 向かって右側のスピーカーから音が出ていないのに気付く。
3. 右側のスピーカーからはコードが一本出ていて、
  左側のスピーカーからのOUTジャックから音を受けている。
  左側のスピーカーで電源とPCのOUTジャックから音を受けている。
4. 右側のスピーカーのコードを何度か抜き差しするも、
  相変わらず音は聴こえない。
5. PCのOUTジャックから左側のスピーカーのコードを外し、
  右側のスピーカーのコードを直接繋ぐ。音が出る。
6. PCのOUTジャックに左側のスピーカーのコードを繋ぎ直し、
  右側のスピーカーのコードを左側のスピーカーのOUTジャックに
  繋ぎ直す。音が出る。
7. 4. で右側のスピーカーのコードの断線を疑ったのは
  一体何だったんだ。

得られた教訓 :
調子の悪いスピーカーは、とにかく音が出るようになると
とりあえず直る。
ラベル:スピーカー
posted by コーライト at 21:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

FEDORA CORE6 のCD焼けました

原因は私のPCのハード構成にあったようです。
現在Cドライブ、Dドライブの2つが起動用パーティションで
CドライブがATAPI(プライマリマスタ)、Dドライブがserial ATA、
ドライブがATAPI(セカンダリマスタ)で接続。
ちなみに普段はDドライブから起動。
なんか書いていて奇奇怪怪な構成だと自分でも思います。

根拠はもう一つのPCでのCD焼きがうまくいったからです。
構成は単純にCドライブがATAPI(プライマリマスタ)、
ドライブがATAPI(セカンダリマスタ)。いや、
ドライブがATAPI(プライマリスレイブ)だったかも。
妙な構成でない分、うまくいったのだと思っています。

まあ、こういうこともある、ということで。
posted by コーライト at 23:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

FEDORA CORE6 のCDがうまく焼けない……

時間がないので少しだけ。

FEDORA CORE6 のisoイメージをCDに焼いているのですが、
うまく焼けません。最高12倍速の大昔のドライブを
使用しているせいでうまくいかないのかもしれないのですが、
途中でエラーを起こしまくってしまって……

SHA1SUMのチェックは大丈夫なのですが、
いつになったらできるのやらです。まったく。
posted by コーライト at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

メモリ変更したらエラー出なくなった

以前、今年の3月から6月にかけて、
ものすごくブルースクリーンが
出た時期があったんです。

そのとき画面に出たエラーメッセージは、

STOP:0x0000001E (0xC0000005 0xA0035050 0x00000000 0x0000032C)
KMODE_EXCEPTION_NOT_HUNDRED
Addree A0035050 base at A0000000
DataStamp 4344ef76-win32k.sys

とか

STOP:0x00000050 (0xE489872C 0x00000001 0x8046A992 0x00000001)
Addree 8046A992 base at 80400000
DataStamp 4344ec59-ntoskrnl.exe

とか

STOP:0x0000007F (0x0000000D 0x00000000 0x00000000 0x00000000)
UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP

とか

PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA

とか

STOP:0x000000BE (0xA003A1E9 0x0A7B8121 0xEB23F438 0x0000000B)
An attempt was mode to write to read-only memory.
This wdriver may be at fault win32k.sys
Addree A003A1E9 base at A0000000
DataStamp 4344ef76-win32k.sys

とか、こんな感じでした(当時のメモより)。

で、最初と当時具合が悪かったハードディスクを疑い、
交換したのですが、全くといっていいほど改善できず。

ワラにもすがる思いでメモリ(3Gのうち1G)を買い換え、
やっと直りました。

今では、上記のエラーは全く出ず、安心してPCを使ってます。
こんなこともあるのだなと思い、ここに書き記しておきました。
ラベル:メモリ
posted by コーライト at 23:18| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

最近のスパム

最近、といっても数ヶ月前からなのですが
スパムに極めて「ある特徴」を持つ傾向が
少々目立ってきましたのでメモっときます。

その「ある特徴」とは
「タイトルと相手名が読めない」のです。
本文も相手のメールアドレスも読めるのに、
タイトルだけは読めない。
一体どういうことなのか。

と思ったら、どうやら同一人物が
仕掛けているっぽいです。
(メールアドレスのプロパイダ名が同一)

詳しく調べて
(そもそも調べられるのか?という問題もあるのですが)
対策を立てる……時間はないな。

ですが、万が一なんかできたら報告しようと思います。
posted by コーライト at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

Netscapeのメールファイルが肥大化しているのですが

なんとかならないのでしょうか。

なんとなく以前から使っている、という理由でブラウズ&メールに
Netscape7.1を使っているのですが、メールファイルが大変なことに
なってしまっています。今のところ、約50MBに。

どういうことかというと、Netscapeではメールを一つのファイルとして
扱っているのです。
Netscapeフォルダの下のUsersフォルダの下のアカウント名ファイルの下の
変わった名前のフォルダの下のMailフォルダの下の
Local Foldersフォルダとメールサーバー名フォルダの下の
「Inbox」というファイルがありまして、これをエディタソフトで見たり
サイト作成ソフトで見たりすると、確かに受信トレイから捨てたり
移動したりしたはずのメールが残っているのです。
 
続きです
posted by コーライト at 23:11| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

ASAHIパソコン休刊にかこつけて月刊アスキーについて語ってみる

ASAHIパソコンが休刊へ

まあ、同じパソコン雑誌つながりということで。

先月、アキバ特集に惹かれて久しぶりに購入したんです(2006年2月号)。
前に買ったのが去年(2005年度)の1月号、つまり2004年12月でしたので
だいたい一年ぶりの購入になるわけです。

思えば、初めて月刊アスキーを意識したのは大学のときで
月刊アスキーは大学の図書館でタダで読める雑誌でした。
購読しようと思ったのはwimdows95が発売された年で、wimdows95の
インストール解説書として当時は「Oh!PC」(現休刊)と併読していました。
月刊アスキーが「PCの総合誌」、Oh!PCが「PC-98の専門誌」という位置付けです。

「PC-98」というのはNECから発売されていた独自規格のPCで、次第に
今普通に使われているPC (PC/ATとかDOS/V機とか呼ばれていた)に
ハード的にも似てきたのと、ソフトも当時は「PC-98用」「PC/AT用」
のように別々に発売されていました。
しかし、両者の差異がwindows95の発売時以降は目立たなくなってきたのと
独自規格のPCを発売する意味も薄れ、更に富士通のPC/AT機低価格攻勢によって
徐々にシェアを失ったため、現在では開発・生産は終了してます。

今思うと、PCというのがよくわからなかった上に
興味があったから月三冊も読んでいたのでしょう。(Oh!PCは当時月2回刊)

そのうち、少し困った問題が出てきました。
 
続きをどうぞです
posted by コーライト at 23:47| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

PCやっと直った

ここのところPCの調子が悪かった。
電源を入れるとファンが一瞬回るも数秒後に停止し、
BIOSすら起動しないイヤな症状が。

1.電源ボタン押す
2.リセットボタン押す
3.リセットボタン押したまま電源ボタンから指離す
4.機器(ファン、DVDドライブ等)が程よくうなりを
 上げてきたところでリセットボタンから指離す

1〜4を数回繰り返したらなんとか起動できるのだが、
どう考えても異常なのでwebでいろいろ調べてみたけど
CPUのコアが焼けてるよ説、どっかショートしてるよ説、
BIOSをアップデートしたら直ったよ説、電源ボックス説、
電解コンデンサが変になっていないかい説などがあったが
結局HDを繋いで電源を入れようとすると上記の症状に
なること、HDを繋がなかった場合はBIOSの起動までは
問題ないことからHDがかなりグレイに。
グレイが黒に確定したのが今日。HD交換したらうまくいった。

つまり、HDの内部でショートしていたということなのだろうか。
また同様の症状があったら、ATAPIに繋いでる機器と
FDドライブを外して電源を入れるところから始めようと思った。
posted by コーライト at 01:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今までおすすめした本

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。