2007年07月15日

第31回講談社漫画賞発表

イブニング(2006/6/26号 No.13 発売日20070612)に
掲載されてましたので前回のように転記。
 
------
第31回講談社漫画賞候補作一覧(受賞作除く)

児童部門
ケシカスくん/村瀬範行(第30回時も候補)
地獄少女/永遠幸 地獄少女プロジェクト
デルトラクエスト/エミリー・ロッダ にわのまこと
ラブ・ベリッシュ!/春日なな

少年部門
怪物王女/光永康則
ゴッドハンド輝/山本航輝
史上最強の弟子ケンイチ/松江名俊

少女部門
IS/六花チヨ
君に届け/椎名軽穂
純愛特攻隊長!/清野静流
BOYSエステ/真崎聡子

一般部門
紅匂ふ/大和和紀
新宿スワン/和久井健
デトロイト・メタル・シティ/若杉公徳
働きマン/安野モヨコ(第30回時も候補)

受賞作以外に推した作品(注:必ずしもその選考委員が
その部門で一番支持した作品、というわけではないです)
軽部潤子  :君に届け
しげの秀一 :デルトラクエスト、史上最強の弟子ケンイチ
       BOYSエステ、新宿スワン
寺沢大介  :君に届け
深見じゅん :君に届け、紅匂ふ
福本伸行  :デルトラクエスト、ケシカスくん
       ゴッドハンド輝、新宿スワン
藤本由香里 :君に届け
森川ジョージ:候補作全てが楽しく読めました

選考の状況など
軽部潤子  :「本を全巻読み終えたとき、(これは難しい選考会になるのでは……)と思いました。案の定、選考会が始まり、なかなか決定せず、後で考えましょうという部門もありました。」
藤本由香里 :
「一般部門はほぼ満場一致で「おお振り」に決まった。」
「昨年に続き激戦だったのは少年部門と少女部門。」
森川ジョージ:
「一般部門は前年度から評価が高く、ほぼ満場一致で、児童部門は丁寧で読みやすいという理由で受賞作が決まりましたが、少年・少女部門はもう大変でした。審査員は奇数なのに何度多数決をとっても決まらず、(以下略)」
------

児童部門と少女部門については全くわからないのですが、
少年部門の激戦……………………飛び抜けた作品が存在しない
すんなり決まった一般部門………最近、他に飛び抜けた作品が存在しない

なんか、そんな印象があります。
「飛び抜けた作品」の基準は雑誌の読者以外にも作品名と
大まかな内容がなんとなくわかる、程度で考えています。
つまり、世間一般を基準にして考えた場合、
全体的には停滞しているのではないか、と。
で、その状況を打開するのは個人の資質によることろが
大きいため、「当たり」が続いたときは大きいが
「外れ」が続いたときは……どうしようもないんだろうなあ。

過去の受賞作なんか見てみると、また違った一面が
見えてくるかもしれませんよ、ってことでリンクしときます。

(参考)
講談社漫画賞
講談社漫画賞(Wikipedia)
posted by コーライト at 08:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社漫画賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

第30回講談社漫画賞発表

イブニング(2006/6/27号 No.13 発売日20060613)に
掲載されてましたので早速転記しておきます。

といいましても、大枠は講談社の公式サイトWikipediaの項
見て頂くとして、こちらでは上記のリンク先に載ってない部分を
記しておきます。
 
続き………
posted by コーライト at 23:43| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社漫画賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今までおすすめした本

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。